profile

selected entries

archives

鴨川が好きで、近くで暮らせたら、と京都に行く度に思う。

お茶とちょっとのお菓子を持って、川べりに座ってぼけっとするのも気持ちが良いし、

散歩に来ている人がめいめいに楽しんでいる距離感も良い。


いつも、たおやかな空気が流れてる。

夜には、ごうごうと流れる川の音を聞きながら、

対岸の建物から洩れ出る光と

その奥でチラチラと動く影に魅せられる。


はなし声がざわめきになって、感じるこの距離感がとても心地良い。

IMG_3641.JPG

嬉しい事に、『Hanako』の撮影で鴨川沿いにある町家に泊まらせていただいたのです。

今回、延泊をして、少し長めに関西滞在。

『SAVVY』の連載で、桂二葉ちゃんの落語の会を見に行ったりもしたのでした。

歩き回るには十分な余白の時間がたくさんあったし、

毎晩、誰かと飲んで、たくさん話をした。

いつもに増して、濃かった。

誌面では紹介しきれなかったものをブログで書いていこうと思います。

///////////////////////////

泊まったのは、暮らすように旅をするをコンセプトに、

古い町家の美しさはそのままに快適に暮らしやすく手を加えられた庵町家ステイ

清水五条や五条駅周辺にいくつも町屋を貸し出しているそう。

日本家屋で川沿いならば、寒いのかと思って覚悟して来たのだけれど杞憂でした。
床暖房や暖房器具がはいっていてとても快適でした。


部屋数も多くて一階と二階にお風呂トイレもあって。
三家族くらいで一緒に泊まったりしても楽しそう。

IMG_1772.JPG

今回ご一緒したのは、

カメラマンの藤代冥砂さんと、編集の横山佐知さん。

IMG_1773.JPG

そして川に面した、檜のお風呂。

IMG_3656.JPG

窓から、すこんと抜ける空が気持ち良い。

滞在中は、お天気雨にもでくわした。

狐の嫁入り。

声をだすと、近くでしゃなりしゃなりと続く狐の行列が台無しになってしまう気がして息を潜めて。

鴨川にきらきらと光りながら降る雨を、部屋の中からただただ、見ていた。とても記憶に残った時間。

ベランダに出ると、風がまた気持ちよい。

IMG_2064.JPG

ここでとっぷりと、京都の時間にひたりきるとします。

///////////////////////////

宿でのおこもりのおともに、宿泊先から歩いていける錦市場で買い出しを。

いつもは指をくわえて通り過ぎるだけのお惣菜をここぞと買い込む。

良いものを見つけた。桜の塩漬け。

いつだったか、桜の塩漬けのお湯割りを出してくれた人がいた。

10年前くらいの熟成されたもので、自分で摘んだものを保存して少しづつ楽しんでいるという。

まるみがあって、とてもおいしかった。

ああとまではいかないけれど、春になると真似したくなる。

桜の塩漬けはおいなりさんに入れたり、

お蕎麦のつゆとして白だしと桜の塩漬けを水で割ってもおいしい。

ほんのりと香る桜が春らしくて良い。

<漬物井上>では豆を塩で炊いたのやら、お惣菜をたくさん。

IMG_2153.JPG

練り物屋さんの<丸亀>で見つけた"ぎんなんのはんぺい"。

はんぺんはミッフィーの作者ディック・ブルーナの描く花そっくり。

ひとくちサイズで、おいしくて、市場で一番の嬉しいみつけもの。

IMG_1779.JPG

あああ、かわいい。

もし時間が許すなら、紫竹エリアまで足を伸ばして<ミート&デリカワキタ>まで是非是非、行ってほしい。

中心地からバスで30分くらい。

一見すると普通のお肉屋さんなのですが、

奥の冷蔵ケースにあるソーセージなどのシャルキュトリが絶品なのです。

タイム・セージ・マジョラムとレモン汁を使った"オックスフォードソーセージ"や、

豚肉、胡椒、ナツメグ、オールスパイスを使った"トゥールーズ"。

豚肉、胡椒、フェンネルとニンニクを使った"サルシッシャ"は南イタリア、地中海地方のソーセージ。

"モンベリアール"粗びきタイプ。ヒッコリーでじっくりと燻したソーセージ。

IMG_3657.JPG

魔法使いのようなスパイスの配合。

パテやテリーヌも極上においしかったです。

笑顔が素敵な店主の川北さん。

ヨーロッパで絵の勉強をしていた時に出会ったソーセージなどに魅了されて帰国後

研究を重ね、今の形になったそう。

IMG_1930.JPG

聞けば、店内にある絵は若い頃に手がけた作品なんだそう。

IMG_3654.JPG

「ローストビーフもおいしいんだよ」と、京都に住む人に、のちに教えてもらった。

くうう。おいしそうと思ったのよね。悔しい。次また行くとする。

家用にテリーヌを買った。IMG_2183.JPG

近くには、<スターダスト>や、草木のお店<みたて>など気になるお店が。

雑誌の紙面で見かけていた<サーカスコーヒー>も紫竹にありました。

豆のストーリーを大切にする自家焙煎珈琲豆のお店。

家用に買った豆で挽いたコーヒー、おいしかったです。

IMG_1931.JPG

お土産用にかわいいドリップパックは、賀茂川ブレンド(マイルドタイプ)と紫竹ブレンド(コクタイプ)。

IMG_1938.JPG

お酒を探していて思ったのは、

河原町近辺なら、高島屋地下のお酒売り場が充実していて使いやすい事。

ビオワインなら<エーデルヴァイン>。

スーパー<八百一(やおいち)>が便利そう。もし行ったなら、屋上庭園も覗いてみて欲しい。

///////////////////////////


散歩していて、初めて知ったこと。

古い町屋のあの格子の種類は、職業によって様々だったらしい。


紙を扱う職業ならば、刺しこむ光があまり多くないように格子を多くして調光していたり。

糸屋格子の中でも、織屋は4本切子、糸・紐屋は3本切子、呉服屋は2本の切子、といった具合で、見分けられるそうな。


おもしろい。

IMG_1982.JPG

そして、横山さんおすすめの齋(いつき) 造酢店のポン酢。

IMG_1949.JPG

今回は暖簾の意匠に夢中。


お店独自の紋様が粋なのでした。

IMG_1948.JPG

IMG_1940.JPG

IMG_1963.JPG

『Hanako』4月6日売りの京都特集に登場しています。

去年秋の京都特集で、

「次は町家を借りて、暮らすように京都で過ごしたい」と私が言っていたことを、

編集部の方が覚えていて下さっていたのでした。

市場で日本酒とお惣菜を買って、町家でゆっくり。

いつもの旅とはひと味ちがったものになりました。

IMG_3592.JPG

IMG_3594.JPG

IMG_3593.JPG

最後の1ページは、旅で見かけて気にかかったものの写真と、紀行文を書かせていただいています。

是非チェックしてみて下さい。


アメリカの話が続いたのでここらでいっぷく。

夜ごはんの後には煎茶・ほうじ茶に加えて烏龍茶とプーアル茶が仲間入り。

台湾土産で急須と凍頂烏龍茶の茶葉と、プーアル茶をそれぞれ違う人からもらって。


あまりにも台湾話を聞くので、
いまとても台湾に行きたい。

茶葉を買いたいのと、
飲茶と屋台で食い倒れたい。

お腹いっぱいで、もう一歩も動けません、となりたい。


松本で見つけた、おちゃらけおちょこと頂いた急須。
小さいおちょこが香りを楽しむのにちょうど良い。
5煎も楽しめる。
IMG_2974.JPG
わーい、とな。



後ろにはちょいと通りますよ、とな。
間の抜けた感がとても良い。


IMG_2959.JPG


お茶請けに自家製の文旦ピール。
最近の常備おやつ。

皮を厚めに残して、苦味を残すのが◯
チョコでコーティングするとおいしさ倍増。
これは贈り物に。
IMG_2972.JPG



/////////////////////////////

いまも台湾の台北でのアートブックフェアで友達が10人位いっぺんに台湾に行っている。

台北で初めて開催する”Culture & Art Book Fair in Taipei”


2017.4.1(sat)11:00-20:00、4.2(sun)11:00-18:00





地點:華山1914文化創意産業園區(園區?紅磚六合院西2館B棟) 入場費用:100元 出展攤位: 日本出版社、藝廊、藝術創作者等約40組 台灣出版社、藝廊、藝術創作者等約10組


赤々舎(京都)
SLANT (石川)
リブロアルテ / LibroArte(東京)
PLANCTON(東京)
ELVIS PRESS(愛知)
LUKETH(神戸)
TISSUE.inc(東京、福岡)
その船にのって(小豆島) PRELIBRI(東京)
Nobody books.jp+(東京)
せとうち暮らし / SETOUCHI GURASHI Culture & Philosophy Magazine from SETOUCHI(香川)
pilgrim(香川)
ニジノ絵本屋 / nijinoehonya(東京)
ユトレヒト / UTRECHT(東京)
SUEKKO LIONS ©(東京)
NEW ALTERNATIVE(鹿児島)
Moon Cabinet(京都)
OK SHOP GREENNOTE(大分、熊本) NO.12 GALLERY(東京)
ON READING(愛知)
toori(福岡)
uta no tane(徳島)
TRITRA street(大阪)
ノックの帽子屋(東京)
HIYORI by 日和制作所(香川)
pieni Tori(岡山)
青い羊 for Vintage Lovers (香川)
maitoparta(東京)
HIYORI by 日和制作所(香川)
BOOKMARUTE (香川)

平野太呂
平野甲賀
鈴木陽介
龍崎俊
中川正子
MIHO KAKUTA & HIROI Publishing
菊池和歌子
鈴木理恵
ULTRA HEAVY(石川顕、神山隆二、ジェリー鵜飼)
MOUNTAIN MORNING(今井孝則、作原文子、柴田隆寛、鮫島雄一)
NORITAKE CHALK BOY oshow
江夏潤一
ますこえり / ERI MASCO
Enjoy Music Club
カクオウザンラーダー / Kakuozan Larder
VOU / 棒
田部井美奈
山口一郎
渡邊和三郎
井上真輔
イワサトミキ / Miki Iwasato
イケダユーコ / Yuko Ikeda
ムツロマサコ / Masako Mutsuro
大神慶子
河本春美
中野由紀子
安達知恵
土器修三
野中富貴子
柳生忠平
鈴木昌吉
宮崎知恵
SHOSUKE SEAN SUZUKI
Studio Journal Knock
安西水丸
濱田英明
旅ベーグル / TABI BAGEL(香川)
NOTTA CAFE(京都)
USHIO CHOCOLATL(広島)
Mount Coffee(広島)
GOOD MORNING FARM(愛媛)
按田餃子(東京) <
br /> 好樣 VVG
washida
秋刀魚
佔空間 Artqpie
ZZIFAN_Z
tokyobike
レトロ印刷JAM
朝寝坊屋 / ASANEBO-YA

主催:Culture & Art Book Fair in Taipei 實行委員會
協力贊助:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS、好樣 VVG、富錦樹 FUJIN TREE
協力單位:華山1914文化創意?業園區、カキモリ- Kakimori、tokyobike、 PAPERWORK 紙本作業、RETRO印刷JAM、秋刀魚、HereNow、haveAnice 有質讀誌


近く、下北沢世代が企画するブックフェアもあるそうで、目が離せません。
/////////////////////////////

台中では、甲賀さんの展示が開催されています。

チェック。
「平野甲賀の描き文字展 小豆島から台湾へ」 3月31日(金)〜5月14日(日) 会 期:2017年3月31日(金)〜5月14日(日) 時 間:14:00〜19:00 休館日:火・水休み 場所:?光+marüte  台中市西區中興一巷2號

良い天気ですね。

向かいの桜があとちょっとで咲きそうな気配。

 

Youth --- <Daughter>

 

 

ノースカロライナ州アッシュビルでアンティークショップ巡り。

良いものたくさんありました。

覚え書きメモ写真を、たたた、と。

 

 

IMG_1042.JPG

 

こんなジンジャークッキーかわいい

IMG_1046.JPG

 

IMG_1047.JPG

////////////////

IMG_1078.JPG

 

IMG_1080.JPG

 

IMG_1030.JPG

 

 

IMG_1065.JPG

 

IMG_1318.JPG

 

IMG_1077.JPG

 

IMG_1048.JPG

 

IMG_1050.JPG

 

a.k.a STOMACHACHE

IMG_1056.JPG

 

たまに見かける、アイスキャンディーの棒を使ったフォルクアート、

ひとつひとつ食べたんだろうか…。

IMG_1074.JPG

 

ハーブの見取り図付きカッティングボード。

IMG_1028.JPG

 

IMG_1317.JPG

 

家具もお手頃。

 

 

イームズ/ハーマン・ミラー/アームシェルチェアにロッキングチェアなどなど。

イームズのシェルチェア、好きです。

グレーがかった青を探していたのだけれど、このクリーム色もかわいい。

IMG_1069.JPG

 

アームなしも。FRP。

IMG_1061.JPG

 

IMG_1063.JPG

 

////////////////////////////////////////

 

 

料理道具、家具に、ホピ族のカチナドール…。

今回、ちいさな小物入れや壁掛けなど白鳥のものをたくさん見つけました。

やっぱり魅かれる鳥モチーフ。

 

そして、ラグについていたタグはきっとどこかの国の、

泥染めの工房なんじゃないかと想いを馳せている…。

あれはいったいどこなのだろうか。

 

今回の旅は、祖父祖母の集めていたアンティークを譲ってもらうのが

わかっていたので、気持ちを抑えたけれど、何もなかったら、

あの椅子たちを抱えて持って帰ってきていた。いまも少し惜しまれる。

 

どこかのだれかの手にはしっくりこなくても、それの良さを見つける人がまたいて。

 

だれかのごみと思える物が、だれかの宝物。

 

どっちが合っているというわけではなく。

 

ものがめぐりめぐっていくのは面白い。

 

 

 

アメリカの旅の続きです////

 

ジョージアからノースカロライナ州アッシュビルへの道すがら、アンティークショップめぐり。


 

大きな倉庫をブロックごとにわけていろんな人が出品している感じ。

古道具、ガラクタ、家の不要品やコレクターのもの、

玉石混合で掘るとなにか出て来る。楽しい。

 

 

一件目はAntique Tobacco barn。

 

IMG_1281.JPG

遠くが霞むくらい広い。

 

こんな感じ。

IMG_2801.JPG

撮影:父 with360°カメラ

 

 

さて、宝探しへ。

IMG_1288.JPG

 


 

地球外クックブック。

IMG_1286.JPG

 

陶製人形シリーズ。

IMG_1291.JPG

 

動物額装シリーズたまに好きなのがある。

絶妙。

IMG_1283.JPG

 

糸収納ボックス機能的。

IMG_1295.JPG

 

ナイスピッチャー。

IMG_1304.JPG

 

横に開くタイプのケトル。形と良い、質感といい◎。

IMG_1307.JPG

 

 

IMG_1308.JPG

 

日本に輸送するには重すぎるキッチン台たち…良い。

ランタンも多数。

古道具の買い付けで来てたら、良かったのに。

と、よく思う。

 

IMG_1299.JPG

 

IMG_1306.JPG

 

ミリタリーの調理用品も。スープの保温機だった気がする。たぶん。

IMG_1298.JPG

 

オールドパイレックスも模様の入ってる物、値段が高くなってきた。

大好きな喫茶店SEE MORE GLASSの砂糖いれと同じ柄のボウルを見つけて嬉しい。

 

IMG_1305.JPG

 

 

 

イギリスで1969年から4年間放送され大ヒットを飛ばしたコメディドラマ、

<モンティ・パイソン>のメンバーのマイケル・ペイリン/ジョン・クリーズ写真(サイン入り)。

 

IMG_1300.JPG

 

 

まさに、このスケッチの冒頭のワンシーン。

(最初から)死んでいたオウムを売られた客(ジョン・クリーズ)と、

色んな詭弁で逃れようとするペットショップオーナー(マイケル・ペイリン)とのやりとり。

 

 

 

オウムのあつかいに最初面食らったけれど、そういうことじゃなかった。

このスケッチはペイリンが故障した車をディーラーに持っていって苦情をもうしたてたら、

「壊れていません。大丈夫です」と一向に故障をみとめなかった滑稽なやりとりを元にしているそう。

 

そして、

スケッチをつなぐテリー・ギリアムのアニメーションがたまらない。

 

 

DEAD PALLOTの最初に登場していた

ビーナスのアニメーションについて、テリー・ギリアムが語る☞

 

モンティ・パイソンとテリー・ギリアムに夢中になってきてしまって、

どうにもこの話、終わらなそうなので、このあたりで。

 

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo