profile

selected entries

archives

実家に子猫がやってきて、
夜ご飯には外にすっかり出てきてくれなくなった両親。
いやはや、溺愛ですよ。

なので、父の誕生日、家へご飯を作りに行ってきました。
 

E39F92D3-5B10-4B75-B60F-8E414ECB96C0.JPG


ケールとマッシュルームのサラダ

マッシュポテト

右の茶色のはハッシュパピー。
なにかアメリカの南部の料理入れたいな〜、コーンブレッドとか…
むやむや考えるうちに、
ジョージアから海に遊びに行く道すがら、いつも途中で寄っていた
海沿いのレストランでいつも食べてたのを思い出して。

小さい頃はご飯が来るまで待っていられなくて、レストランを抜け出して、父と海辺でパシャパシャ遊んで、戻るとハッシュパピーがバスケットいっぱいに入っていたのが嬉しくて。

フライドオイスターがおいしいところだった気がするけれど、
いつもいつもポップコーンシュリンプを頼んでいたんだった。

父とアメリカと、色濃く記憶に残る料理の1つ。
ハッシュパピーはコーンミールベースで中に玉ねぎが入ってる、揚げドーナツのようなもので。本当はもっと小さくてまんまるです。ここに、ちょっこしとスパイス入ってたらおいしそうだなー。

次への課題。

765D7115-7417-4930-8E5B-D25E4C0072F4.JPG

柚子をくりぬいた中に、椎茸と真鯛を入れて蒸す。
柚子の果汁と醤油を合わせたものを最後にチョロっとかけて。
 

AF76BF2F-F3B9-46D0-9689-F317896E0073.JPG


最後は太めのパスタにおいしいオリーブオイルと、パルミジャーノレッジャーノ!
細川亜衣さんの本を読んでから、これを作ること、とても好んでいるのです。
ここにも柚子の果汁をたらり。

今晩のご飯は父の愛してやまない柚子を使うが隠れテーマだったので、
皮を細切りして果汁に浸した瓶詰を冷蔵庫に残しておきました。

こうすると長く保存できるんだよと、ごはん屋ひばりの料理教室で習いまして。
使い切ったらまた私が補充して、いつでも柚子を楽しめる仕組み。

スーパーでは柚子ポン酢、とか、柚子胡椒、柚子塩を買い込み、
柚子サワーがあれば、真っ先にそれを頼むし、大好きなお蕎麦屋さんでは決まって柚子ビールを頼む父。

電話をすると、「今、AFURIでラーメンを食べている」というパターンが多く、それも柚子の香りのラーメンがあるから…

ちなみに猫の名前も、ゆず。

まったく、柚子まみれの人生である。

最後にイチジクとラムレーズンのマリネとアングレーズドソースていう大人なデザートもあったんだけれど、その頃には酔いもまわって、写真は撮り損ねました。

おいしいんですよ、バニラビーンズをさやからとりだして、牛乳でコトコト煮たら、卵黄と砂糖と一緒に混ぜて、またコトコト煮て、トロリとなるまで煮た、アングレーズドソース!というわけで。ごはんはここまで。

父へのプレゼントは、グラスにしました。

吉祥寺のサムエルワルツでよいのを見つけて。
 

8C30D1C4-72CC-4646-84C4-7D774B7D62DB.jpg


 

F97F1DB5-8EFC-4F94-AAB1-BCE02726924B.JPG




ぽったりとしていて、とてもかわいい。

いつもいつも、ありがとう。
「車を貸して〜」という時ばかり連絡をする娘でごめんなさい。


常に新しいもの知るのが好きで、好奇心旺盛なところをとても尊敬しています。

いつも遅くまで仕事してるけれど、体にはくれぐれも気をつけて。
これからも、よろしくです。
 

 

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo