profile

selected entries

archives

 

久しぶりに代々木上原で降りたので、古本屋のロスパペロテスへ。

太極拳に週3で通う母に太極拳の本と、自分には高山なおみさん著書の「フランス日記」を買う。
 

高山さんがスイセイさんや、高橋みどりさんたちと旅した日々のこと。


そういえば、私のベッドから手を伸ばせば届くところにある本棚には、

武田百合子さんの「富士日記」、
いしいしんじさんの「ごはん日記」、
そして高山なおみさんの「日々ごはん」とか、
誰かしらの日記があって、これを読むと心がすっと落ち着く。

そこにおいしそうなものが書いてあったら、なおのこと。

それでもって、つらつら読むうちに眠くなるので効果的な導眠剤なのです。

中でも高山さんの本は棚一列にズラッと連なっていて、

「チクタク食堂」、「今日もいち日、ぶじ日記」、「きえもの日記」。

 

今、見返していて気がついたけれど、

日々ごはんの特別篇の「フランス日記」がすでに本棚にささっているということに気が付く。

 

まあいいか、と。

 

ロスパペロテスの壁には、北園克衛さんの手がけた本が並んでいて、「空気の箱」もあった。

この装丁がとても好き。

 

//////////////////////////

 

夜ごはんは按田餃子。

 

IMG_7936.JPG

 

予約していたので、
奥のボックスシートみたいなところで、たっぷりといただく。

 

 

体がぬくぬくと温まる飲み物が、たくさんあって嬉しい。

 

メニューから☟

ターメリックレモネード温/内臓がすごくあたたまる(冷たいのはやりません)

包命酒/すごく助かる酒

 

など、言葉使いが愛嬌があって良い感じ。
 

試しに包命酒(ホウメイシュ)を頼んだら、大好きなものが出てきました。

 

 

IMG_7938.JPG
小さなコップと一緒に黒焼きニンニクが。それをチミチミとつまみながら。
体に良いものをお酒に漬け込んだ自家製の薬膳酒でした。
お腹、ぽっかぽか。

 

 

 

ご飯はひとまず按田的定番の水餃子。 
鶏肉に香菜、胡瓜。
豚肉に搾菜、大根。
IMG_7934.JPG

はー美味しかった。
搾菜が好み。

 

金針菜と海藻の和え物に、ラゲー煮込みに、 最後の最後に頼んだ鶏肉のココナッツ煮込みがまた美味しくって。


IMG_7935.JPG

 

 

大 満 足。

 

一人で定食でもいいし、お酒飲みながらおつまみもいいし。

 

ひとまず、週1で来たいお店です。

 

 

空美ちゃんと料理くらぶ、アゲイン

 

 

 

午前中のうちに、ストックのかつお昆布出汁と、大豆、鶏ガラ出汁など、煮ておく。

 

出汁を使って、ぶり大根と、大豆をひたし豆に。

1/3はパクチーと合えて。

大豆のゆで汁も牛乳でのばすと美味しいポタージュになるので、保存します。

大豆のレシピは高山なおみさんの「今日のおかず」(アノニマ・スタジオ)から。

 

IMG_4451.JPG

これを作っておくと、すぐ使えるので安心です。

 

 

午後の部は空美ちゃん、合流。

エプロンを忘れたからって、

通りがかったリサイクルコーナーで300円のエプロン購入(笑)。

 

IMG_4463.JPG

 

 

スタートです。

 

今日はパテ。

 

林のりこさんの「パテ屋の店先で」(アノニマスタジオ)を読んで。

 

IMG_4476.JPG

 

 

今日は、

◯アボカドとベーコンのディップ

◯白レバーパテ

◯田舎風テリーヌ

 

 

 

美味しそうな白レバーがあったので、

ニンニクとタマネギとハーブと炒めて味付けしたら、ミキサーにかけて完成です。

 

IMG_8073.JPG

 

 

田舎風テリーヌ

IMG_4455.JPG

 

ひき肉やらと一緒にミキサーにかけるんですが、

大量にできてしまって、ヒーヒー言いながら作る。

 

ふむ。

 

どうやらテリーヌは、焼き型に背脂を塗るらしい。

 

ふむ。

 

豚の背脂にも初めて触るし、量が足りないね?と言いながら。

頭の?ハテナ?が止まらない。

 

IMG_8071.JPG

 

「え、うすーく背脂をかぶせるってなに?」

と言いながら、うすく切るのに苦戦していたら…

 

 

結局、溶かしたラードで覆うのね…。

がんばっちゃったじゃないの。

一番大変だったパートが、やらなくてもいいことだった脱力感よ。

 

 

IMG_4480.JPG

 

長期保存したい場合は焼いた後からとろりと蓋をしたり。するものらしいよ。

 

勉強不足でいやはや、大変でした。

 

夜ごはんはレバーパテと、ディップとパンで。

空美ちゃんがパパパと手早く作ってくれたアボカドとクリームチーズのディップが食べ出があって、

すぐに満腹に。

 

ごちそうさまでした〜◯

 

 

IMG_8072.JPG

 

 

 

Joanna Newsom <Book of Right On>

 

これ食べた、これ作った

なんだか梅雨に戻ったみたい。

 

雨がザンザンに降った後の曇り空。

 

蝉が、それきた出番だ、とばかりに、ジジジジ鳴いています。

 

栃木に住む友達の家の近くにはひぐらしばかりなので、

 

遠くの方で、静かにリリリリリ…となってるんだそうな。


そちらはいかがですか。

 

 

 

////////////////////////////

 

Gofish

 

 

 

sweet dream pressから7月に出た、

シングル「肺/ピアノのまわり」のリリースパーティに行ってきました。

 

 

この日はGofishトリオ(テライショウタさん+稲田誠さん+黒田誠二郎さん)でのライブ。

コントラバスとチェロとアコースティックギター。

 


 

アートワークは松井さん

シークレットゲストに井出健介さん、池間由布子さんが加わり

何度も繰り返される歌詞に、どんどんと皆の歌が重なっていって。

 

最後には客席も一緒になって、歌ったものだから、

何日も頭の中にこの曲がリフレインしてくる。

 

 

いつも住んでいるこの世界のルールを軽やかに無視していくものが割と好きです。

この歌詞の自由さにニヤニヤ止まらない。

とても良き。


 

 

sound cloudにあがってるこれも最高

Amephone's attc vs Gofish Trio - 山ごもり(Yamagomori)+ some live bonus takes

2013年のKDハポンでのライブ音源。

 

 

◯三富栄治+清岡秀哉+波田野州平

砂川7番にあったギャラリーセプチマを運営していた波田野さんによって

無造作にかけられた布に投影される映像と、

2人のギターがあいまって、浮遊感が心地良かった。

 

 

◯シネルパ

てぬぐいの伊藤さんが参加しているシネルパ!

やっと聞けたのでした。

 

 

sweet dream pressの企画はいつも素敵。

 

この日のDJは代表の福田さんの先輩のフミヤマウチさんで

 

この人に色々教えてもらわなかったら、今の仕事をしていなかったと思う、

と、おっしゃっていました。

良い時間に立ち会えたなーとあたたかい気持ちで帰路につく。

 

 

私も好きな音楽を教えてくれた先輩や、交換し合える友達がいて

こうしてライブに立ち会えるのは幸せだなーと思いながら。

 

 

/////////////////////////

 

 

Gofishトリオのコントラバスの稲田さんが

 

畑で作ったという野菜をトラックに積んで持ってきたそうで、

 

立派なオクラと満願唐辛子が

 

物販にあったのでたくさん買いました。

 

オクラは2袋買って、立派な方は焼き浸しに。

 


IMG_7913.JPG


小ぶりでいっぱい入っていた方は、


塩とオイルをふりかけ、ローストオクラ◯

 


IMG_7888.JPG

 

 

200℃のオーブンで15分くらい焼くだけの。

 

アメリカの南部でよくある食べ方なのですが、そこにエジプト塩をふったら。

もちろんおいしくなりますね。

 

おためしあれ。

 

 

何ヶ月も前の号になってしまうのですが、

「CREA」の一人温泉旅行特集がとても、良くて。

たくさんの量がどしどしと出てくる、きらびやかなご飯じゃなくて、

体にしみこんでいくような、丁寧なご飯が食べたい。

観光はしなくていいから、家のあれこれから離れて静かに本を読んで寝転がってご飯を食べて。

そんなことがしたいわ、と思い立ち、

箱根湯本にある<養生館はるのひかり>へ行ってきました。

IMG_7982.JPG

逗留湯治をおすすめしているお宿。

部屋はこじんまりとしたサイズなのかと思っていたら、

こたつがあったり、スコンと広い感じ。

華美な装飾はなく、そうそうこの窓辺に椅子があって嬉しい。

というシンプルな願いが叶う感じの。

受付のあるお茶室の屋根は茅葺き屋根。

ここでふう、と一息。

IMG_7981.JPG

窓辺にロッキングチェアとブランケット。

IMG_7963.JPG


この隣に小さな書斎もありました。

書物したい人にうってつけ。

IMG_3562.JPG

おいてある浴衣が良い。


到着が早かったからか、温泉独り占め。

IMG_7967.JPG

こちらは読書室。

芹沢?介さんの作品集がいくつもあって読みふけりました。

他にも民藝や養生に関する本や、茨城のり子さんの本などもあったり。

あと、雑誌の「自遊人」もおもしろくて熟読。

すばらしい宿がそこここに実はあるんだなーと。

すでに次の旅行のことを思ったり。

IMG_7966.JPG

思いのほか、館内は階段が多いので、膝が悪いと大変やもしれません。

階段を登るたびに、型染めの暖簾や何やらかわいいものが飾ってあるのが目に入り、

癒されます。

階段はまあまあ苦手です。

IMG_7964.JPG

昔々、ここは竹やぶの中に一軒だけのお茶室があって、そこに一日一組だけを招いてもてなしていたため、雀のお宿と呼ばれていたそうな。


それで雀。

かわいい。

IMG_3457.JPG

朝ごはん。

自家製の梅干し、おいしかったな。


それと藁包(わらづと)納豆食べました。
稲藁に大豆を包んで自家製で発酵させた納豆。

IMG_3524.JPG

IMG_7980.JPG

IMG_7979.JPG

IMG_7984.JPG


病気になる一歩手前の未病の段階で、体の具合を自分で整えれたら何より。
食養生、帰ってからもっともっと勉強したいな、と思った次第です。


忘れられない瞬間が、 宿でロッキングチェアに座りながら遠くの山を眺めていたら

どんどん、どんどん、眠くなっていって、
カクンと寝てしまって。

はたと起きたら外は薄暗くなっていて、スーッと気持ちよかった。

こんな感覚が味わえるから旅に来るのって楽しい。

はてさて、みなさんは夏休みにどこか行きますか?

どうぞ楽しい日々をお過ごしください。

では!

 

少し前に渡辺有子さんの書籍「日々の食材ノート」を

料理書をたくさん取り扱っている神保町の古本屋、鳥海書房で見つけまして。

 

IMG_7893.JPG

 

ぱらぱらとめくっては、あれもこれ美味しそうで、

憧れをつのらせていたところに、

やっと、この季節がやってきました。

 

桃!

 

あ、友達が泊まりに来るから、桃買っておこう、

とか、色々な言い訳をしつつ桃の季節を楽しんでいたのですが。

 

 

手頃な値段になっていた小ぶりの桃をやっと見つけたので、

渡辺さんのレシピでコンポートに。

 

 

桃を半分に割った時にほんのりと残るピンク色のかわいさよ 。

白ワインでくつくつと煮て。


IMG_7834.JPG

 

 

いくつかを朝ごはんで食べて、

白ワインのシロップごとシロップで固めたゼリーにも。

 

IMG_7894.JPG

 

食後にちょっと大人気分のゼリー。

おいしい。

 

////////////////////////////


そういえば、最近のおいしかったもの。

 

三軒茶屋にあるNicolasで飲んだ、杏とデラウェアのシロップのソーダ割り。

たっぷりと果肉が入ったソーダが、この蒸し蒸しとした夏の暑い日に嬉しいこと。

 

IMG_7817.JPG

 

今は、白いホーローのスプーンを買いたいな、と思い返しながら、

家でデラウェアの皮をぷちぷちと向いているところです。

こんなに手間がかかるとは、おいしいわけだ。

 

これから、桃のコンポートの残りとデラウェアとでシロップ作ろうかな。

 

 

では、

今日はジャドとテニスコーツとノーマンでお別れです。

 

 

 Jad Fair, Tenniscoats and Norman Blake - レインドロップス(Raindrops)

 

 

これ食べた、これ作った

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo