profile

selected entries

archives

チョコとか、クッキーとか、いつもカバンに1つ2つ、忍ばせているんですが、

最近、衝撃的に美味しいチョコレートによく出会うな〜、と思ったので、ここに記録しておきます。

 

ミニマル/minimal

 

富ヶ谷のお店の前を通りがかったので、「あ、噂の」と思って試しにと味見して説明を聞いてみた。

 

ベリーの香りやナッツの香りのするチョコレートを食べて、おいしくって、

こりゃまたベリーとチョコレートをうまいこと調合してるんだろうなあ、と思っていたら、

カカオの焙煎具合と、豆の挽き具合で風味を出していると聞いて驚いてしまって。

 

え?

ベリーの粒々とした食感がする気がするのに入ってないんですって。

粗挽きの豆の食感なんですって。やーびっくりびっくり。

 

DB54CC48-A83C-4CD6-AE92-28F49AEC9281.JPG

 

チョコレートの豆のレシピカード面白くて、

 

 

左の

FRUITY

BERRY-LIKE

NOTE: Touch of Blackcurrant

ORIGIN: Vietnam

REGION:Ben Tre

VARIETY: Trinitario

CROP:2015

SUGAR: Beet

 

68% 粗挽 浅煎 47min 115-135℃

 

右の

NUTTY

ROASTY

85% 中挽 深煎 54min 120-150℃

 

書き写していて、ふと誰のために…と面倒になったので、ナッツの方は途中でやめますが、

カードには味わいの印象や、原産国、カカオの品種、

収穫時期や使用している砂糖の種類、カカオ濃度、焙煎温度の温度・時間、などなど詳しく書いてあって、すごい、の一言。

 

 

つまりレシピカートによると、ベリーの方のチョコレートは、

ベトナムのベンチェ省で取れた2015年に取れたトリニタリオ種(TRINITARIO)という品種の豆と甜菜糖とで、

作られているんだそうで。

 

115-135℃で47分、豆を浅煎で、とか、中挽、粗挽なんて、

コーヒーの豆とおなじ感覚でチョコレートの豆が扱われてるんだなって知れて、とても面白い気持ち。

 

自分の好きな豆の挽き具合や、カカオ濃度を知れたり。

 

トリニタリオ種って、なんなん、てリサーチが止まらなくなったり。

収穫したては種子が綺麗な紫色なんですね。ほー。

 

73343E4B-0C04-435F-B616-F26776925BAC.JPG

 

右がベリーの方で、よくよく見ると、赤い粒々入ってるんですよ。

これだけ調べておいて、私の目と舌は、いまだにベリー入ってないって信じられんでいます。

 

なくならないで欲しくて夜の食後のお茶の時間にそれはもうチビチビと楽しんでます。

いやはや、おいしい。

 

 

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo