profile

selected entries

archives

アメリカの旅の続きです////

 

ジョージアからノースカロライナ州アッシュビルへの道すがら、アンティークショップめぐり。


 

大きな倉庫をブロックごとにわけていろんな人が出品している感じ。

古道具、ガラクタ、家の不要品やコレクターのもの、

玉石混合で掘るとなにか出て来る。楽しい。

 

 

一件目はAntique Tobacco barn。

 

IMG_1281.JPG

遠くが霞むくらい広い。

 

こんな感じ。

IMG_2801.JPG

撮影:父 with360°カメラ

 

 

さて、宝探しへ。

IMG_1288.JPG

 


 

地球外クックブック。

IMG_1286.JPG

 

陶製人形シリーズ。

IMG_1291.JPG

 

動物額装シリーズたまに好きなのがある。

絶妙。

IMG_1283.JPG

 

糸収納ボックス機能的。

IMG_1295.JPG

 

ナイスピッチャー。

IMG_1304.JPG

 

横に開くタイプのケトル。形と良い、質感といい◎。

IMG_1307.JPG

 

 

IMG_1308.JPG

 

日本に輸送するには重すぎるキッチン台たち…良い。

ランタンも多数。

古道具の買い付けで来てたら、良かったのに。

と、よく思う。

 

IMG_1299.JPG

 

IMG_1306.JPG

 

ミリタリーの調理用品も。スープの保温機だった気がする。たぶん。

IMG_1298.JPG

 

オールドパイレックスも模様の入ってる物、値段が高くなってきた。

大好きな喫茶店SEE MORE GLASSの砂糖いれと同じ柄のボウルを見つけて嬉しい。

 

IMG_1305.JPG

 

 

 

イギリスで1969年から4年間放送され大ヒットを飛ばしたコメディドラマ、

<モンティ・パイソン>のメンバーのマイケル・ペイリン/ジョン・クリーズ写真(サイン入り)。

 

IMG_1300.JPG

 

 

まさに、このスケッチの冒頭のワンシーン。

(最初から)死んでいたオウムを売られた客(ジョン・クリーズ)と、

色んな詭弁で逃れようとするペットショップオーナー(マイケル・ペイリン)とのやりとり。

 

 

 

オウムのあつかいに最初面食らったけれど、そういうことじゃなかった。

このスケッチはペイリンが故障した車をディーラーに持っていって苦情をもうしたてたら、

「壊れていません。大丈夫です」と一向に故障をみとめなかった滑稽なやりとりを元にしているそう。

 

そして、

スケッチをつなぐテリー・ギリアムのアニメーションがたまらない。

 

 

DEAD PALLOTの最初に登場していた

ビーナスのアニメーションについて、テリー・ギリアムが語る☞

 

モンティ・パイソンとテリー・ギリアムに夢中になってきてしまって、

どうにもこの話、終わらなそうなので、このあたりで。

 

最新メカに目がない父。

 

今回の旅行で待ってきたカメラ<osmo>もすごかった。

 

 

IMG_0588.JPG

ドローンの製造もしている会社DJIの開発したカメラ。

手持ちでどんなに動いてもカメラの水平をキープ。

まるでロールプレイングゲームのようなのが撮れる。

 

IMG_0507.JPG

 

グリップに64のコントローラーみたいなスティックでカメラが自在に動く。

モニターはiPhone。

 

//////////////////////////////////


さらに、360°カメラも持ってきていた。

 

リコーの「RICOH THETA」シリーズ。

全天球の静止画と動画を撮影できる360度カメラ。

 

IMG_2811.JPG

 

父と私。

 

IMG_2808.JPG

 

ババン。

 

 

アメリカの旅の話の続きです。

祖父母の家のあるジョージア州はアメリカの東南部。

フロリダの北に位置する場所にあって、日本とは違った鳥を観察できる。

鳥が鮮やかな赤色に頭のトサカが綺麗なカーディナルや、

おばあちゃんと私が1番好きなかわいいチキディー、ブルージェイ、

蜂にそっくりの小さな鳥ハミングバード、などなど

窓の近くに置いてあるバードフィードを眺める。

朝と夕方の鳥たちのご飯の時間はいつまでも飽きずに見てしまう。

もちろん、りすもよくやってくる。

日本だとわざわざ、りす園に行くのに。
道ばたをパタパタと横切っていくので嬉しい。



IMG_1483.JPG



りす用のフィーダーも下にあってそれを食べてくれる間は良いものの、
どうしても鳥たちの方から食べたい気持ちがあるらしい。






ふと窓に目を向けると、



りす避けの傘も虚しく、おいそうにもぐもぐするりす。
IMG_1480.JPG



IMG_1498.JPG

かわいい。

かわいいんだけれどと、体重の重いりすがバードフィーダーに乗ると、
ひっくり返ったり、壊れたり困ったこともある。



窓の近くの台を使ってて登ったらしい。

苦虫を噛んだような顔のグランパパ。

バードフィードを窓から離れた所へ動かしている。

今日もまた、りすと人間の戦いの火蓋が切って落とされた。




/////////////////////////////




いとこのエマと、叔母のウェンベリィ特性のピーナッツバターで調合された特製の固形餌は鳥たちに大人気。

もちろんりすも食べたいけれども、ゆらゆら揺れるプラスチック製の蓋 はツルツルと滑るので上からの突破は困難を極める。

考えあぐねる、りす。 嫌な予感。
IMG_2771.JPG



支えの鉄棒から目一杯手を伸ばして、 まさかのリーチ。 IMG_1383.JPG


この筋力、この諦めの悪さ。



IMG_1442.JPG




IMG_2773.JPG

この大奮闘ぶり。
りすの勝ち。

2月はすっかり旅づいていて、ほとんど家にいなかったです。

旅のあれこれを少しづつあげていくので、おつきあい願います。

さて、 ナナ(祖母)の77歳のお祝いのために家族でアメリカのジョージア州に行ってきました。
今回は、家でまったり過ごす他に、 ジョージアから車で2時間くらいの街、アッシュビルまで出かけて一泊したり。

道すがら、古道具屋さんに寄り道したり。

IMG_2320.JPG


父と私。
父は最近、クマみたいな髭をはやして、いい感じです。


IMG_2319.JPG

トンプソン家、カードを物色。

(私だけカメラに気づいてる)




そう、そういえば行きも帰りも飛行機の窓からオーロラが見えますよって、話になって小さな窓から覗いて、

「見えませんねえ」と、スチュワーデスさんや近くのお客さんと小さくざわざわしたのが楽しかった。




あとは何していたかな。

焚き火のはぜる山小屋に泊まったり、
グランパパが集めていた古道具や、使っていたキッチン用品を譲ってもらったりしたな。

それは、また、次に書きます。

前回の記事の続き☞リンク

 

會本久美子さんのソーマトロープの展示に合わせて書籍の「小さい魔法」が完成しましたー!

會本さんはこのホームページのイラストも書いて下さっている方なのです。

 

IMG_9270.JPG

 

去年の6月にKNOT Galleryで始まり、京都などを巡回をしてきた

ソーマトロープを一冊にまとめたもの。

 

IMG_9396.JPG

 

IMG_9392.JPG

 

くるくると回転させてアニメーションになる、ソーマトロープがついてます。

絵に穴をあけて、セットを袋に入れて貼付けて、袋詰め、を手分けして作業しました。

200部限定です。

 

IMG_9273.JPG

 

完成しました。

 

IMG_9398.JPG

 

IMG_9295.JPG

 

 

IMG_9266.JPG

 

 

/////////////////////////////////////////////////////

 

去年のKNOTギャラリーでの展示設営。

 

IMG_9401.JPG

 

IMG_9400.JPG

 

アリオトチームで

アニメーション撮影して、BOXと、

 

IMG_9406.JPG

 

穴を覗くとくるくるまわる装置と、アニメーションが見れる仕組みです。

IMG_9407.JPG

 

 

 

私もふたつ買いました◯

裏はファーの帽子をかぶっているこの子。

 

IMG_9402.JPG

 

他にはこんなのも。

 

IMG_9405.JPG

 

IMG_9404.JPG

 

ああ、かわいい。

本も是非手に取ってみて下さい。

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo