profile

selected entries

archives


土曜日は「アリオトVol.20」
日曜日はふうちゃん企画のフリーマーケット、「わたげマルシェ」の2回目開催です。

一回目の様子はこちらへ▽
リンク


チケットはピータックスからお買い求め頂けます。
https://peatix.com/sales/event/205224/tickets?ticket_574400=&ticket_574401=


もちろん当日の飛び込みも大歓迎。

//////////////////////////////////////::/

土曜日▽
アリオトvol.20



▽▽▽▽▽▽▽

カラトユカリ



2011年初の作品集『私のうたうこと』リリース。静かにとってもよろこび中。ギターを弾き、歌うというスタイルで素敵な場所、フェス、アンコールワット、東京コレクション、保育園などでライブを行う。又、映画への楽曲の提供や出演をする。出演作は今泉かおり監督『聴こえてる、ふりをしただけ』(第62回ベルリン国際映画祭子供審査員特別賞受賞)。高橋泉監督『あたしはせかいなんかじゃないから』など。



▽ アリオトでも、私のホームページでも、
いつもいつもお世話になっているイラストレーターの會本さんと親交の深いカラトさん。

今回のライブでも、カラトさんの演奏に合わせて會本さんにライブペインティングをしてもらいます。

KARATO YUKARI 『semyny studio concert MAY』


會本さんのイラストと一緒に演奏しているムービーありました。

カラトユカリ『小さくひかる』PV


▽▽▽▽▽▽▽


小島ケイタニーラブ

シンガー/ソングライター。静岡県出身。独自の死生観をもとに紡がれる文学的な歌詞世界、唯一無二の中性的な声が特徴的。2011年から朗読劇『銀河鉄道の夜』に参加し、劇中音楽・主題歌などを担当する他、ジャンルを越えた国内外のアーティストとの共同制作も多数。2016年、初のフルアルバム「It's a cry run.」をリリース。「NHKみんなのうた」に書き下ろした「毛布の日」の放送が2016年12月〜2017年1月に決定!

LIVE:小島ケイタニーラブ『ベルカ』


▽▽▽▽▽▽▽▽


白波多カミン

シンガーソングライター。京都生まれ、京都育ち。小学校6年生からギターを始め、高校3年生で歌を書き始める。途中、下鴨神社での巫女というキャリアを経て、現在は東京に拠点を移し活動中。 2015年4月、白波多カミンを中心としたロックンロールバンド「白波多カミン with Placebo Foxes」を結成し、2016年3月23日に日本コロムビアからメジャーデビューアルバム「空席のサーカス」をリリース。

白波多カミン with Placebo Foxes 『バタフライ』


/////////////////////////////
日曜日▽ 第二回 わたげマルシェ 11月13日(日)
11:00〜17:00 @ studio itto 目黒区目黒本町2ー24ー14 1階 http://studiolamomo.com/itto1f/info/access/ 最寄りの駅は学芸大学駅です。
目黒駅からバスで向かうのも◯かとです。

参加者(順不同)
橘房図(ヘアメイク)
ジュコ(JUCO./シューズデザイナー)
村松啓市(everlasting sprout/デザイナー)
ヤナセレイ(yanase rei/アクセサリー)
玉井健太郎(ASEEDONCLOUD/デザイナー)
谷田浩(STOF/デザイナー)
狩野岳朗(画家/IONIO&ENTA店主)
チェルシー舞花(モデル)
fumihito toba(イラストレーター)
鏑木希実子(フォトグラファー)
THUMB AND CAKES(シュガーアーティスト)
YOSHIKO(カゴアーティスト)
kaitakizawa(PHABLIC×KAZUI/デザイナー)
barairo no boushI(帽子)

FOODは1回目もより増えて、さらにパワーアップ!

イートインコーナーもあります。
前回はフード目指してオープン前に列もできていたので、早めに来るのがオススメ。
ユヌクレさんはシュトーレンを用意しているそう。

OSSEさんはふうちゃんが胃袋をつかまれた心あたたまるご飯。
お弁当を用意してきてくれるそう。

chirimuloさんはこの日にしか出さない限定のお菓子があったり。


コーヒーも、ワインもあります。
たのしみ。

uneclef(パン)
chirimulo(焼き菓子)
shokudo&cafe OSSE(お弁当)
MOON mica takahashi COFFEE SALON (コーヒー)
avin(南仏ワイン)

▽注意事項▽
業者の方、転売目的の方はお断りさせていただく場合がございますのでご了承願います。

スタジオや、近隣の建物の前にお車を駐車しないようお願いいたします。

エコバッグをご用意していただけますと、とても嬉しいです。

今回は、イートインスペースをご用意していますが、
ご飲食される方優先でご理解いただけたらと思います。

マナーを守って楽しいイベントにしましょう。

こんにちは。
只今、音楽のイベントの準備に奔走中です。

お次は11/12の土曜日、今週末。

出演者:カラトユカリ、小島ケイタニーラブ、白波多カミン


日時:2016年11月12日 土曜日
17:30 open / 18:00 start / 20:30 end 会場 : KREI SALON 
東京都港区西麻布2-24-2 KREIビルB1F
料金 : adv. 2,500 / door 3,000 / student 2,000(当日学生証提示)

IMG_5794.JPG


アリオト vol.20


今回は、出演者ごとにめくるめく変わるかわいい舞台装置を作っていますよ。



そしてFoodにはesaraさん。

場所は渋谷からバス、
もしくは表参道から徒歩で行ける西麻布の住宅地の中にひっそりとある、
KREI SALON。

こちらは、文具のKOKUYOさんの持つスペースをお借りして、
とても素敵な場所なのですが、来年の2月にはなくなってしまうそうで、名残惜しいです。


どんなところか簡単にご紹介。

IMG_5850.JPG

IMG_5858.JPG


大きなガラス張りの建物を入ったところ。

IMG_5851.JPG

地下へ降りていきます。

こちらです。

アリオトスタッフ、よしりんによるご案内。

IMG_5854.JPG

ここが会場。

普段はシェアオフィスになっています。

当日は机を取り払って、舞台装置やら置きます。

IMG_5862.JPG

IMG_5855.JPG

本棚は森美術館のキュレーションをしている南條さんの蔵書が。

IMG_5856.JPG

今回、会場を貸してくれた安永さんと、アリオト代表、小柳さん。

IMG_5857.JPG

会場のスピーカーは、科学未来館にあったものがまわりまわってここにあるらしい。

ナイス設備。

スピ—カーの足はアリオトの本拠地をシェアをしている、音響の福岡さん作。

IMG_5859.JPG

カラトユカリさん。

当日は會本さんのライブペイントと一緒に演奏していただきます。

IMG_5860.JPG


IMG_6141.JPG

このホームページの絵も描いて下さっているイラストレーターの會本久美子さんの作業をチラ見せ。

当日お楽しみに…!

◯DM設置場所◯


◯サニーボーイブックス(学芸大学)
◯百年(吉祥寺)
◯ユトレヒト(渋谷)
◯nostos books(松陰神社前)
◯ユヌクレ(豪徳寺)
◯FILM(下北沢)
◯B&B(下北沢)
◯36(吉祥寺)
◯にじ画廊(吉祥寺)
◯nicolas(三軒茶屋)

置いてもよいよ、というお店の方、

周りに配るよ!という心優しい方、ご一報ください。

アリオトからDMを配送します。


チケットはピータックスからお買い求め頂けます。
https://peatix.com/sales/event/205224/tickets?ticket_574400=&ticket_574401=


もちろん当日の飛び込みも大歓迎。

さてさて、作業に戻りますよ。
お会いできるのを楽しみにしています。
では。

カメラマンのバティこと柴田文子さんの写真展に行ってきました。


10/14から代官山のgallery speak forにて開催中の『ポルトガルと教授』です。

 

 

FullSizeRender.jpg

 

ラッキーなことにバティ本人に会えました。

 

同じタイミングで、デザイナーでもあり
スタイリストでもある杉本好音さんと、

スタイリストの福岡邦子さんにもお久しぶりに。

 


バタバタと他にも色々会えて、嬉しい邂逅。

 

 

イラストレーターのカトウジュリさんにも会えた。

 

 

写真集の題字や、展示にあわせたコラボグッズを作っていて、

 

 

柴田さんの写真をもとに、カトウさんがイラストにおこして、バッグやTシャツに展開していました。

不覚な事に写真がないですが、めちゃかわです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年の夏にポルトガルでの旅を中心にまとめたもの。

 

 


ネットで見かけた大きな石で挟まれた可笑しな家を探しに。

 

 

「教授」と呼ばれるあの子との旅。

 

 

本人を知らなくともにじみでるユーモラスさから、愛を込めて教授と呼びたくなってしまう、

愛すべきキャラクターとそのまなざしの向かう先。

 


「えー、変なのー」と言いながらすごい嬉しそうに笑うバティが目に浮かぶ。

 

 

その他にも、ウユニ塩湖、ワカチーナ砂漠、ボリビアの街、成都を旅したシリーズも交えて、

見応えのある展示となっています。

 

IMG_5829.JPG

 

 

展示は26日の水曜日までなので、

残す所あと3日。是非に。

 

2016年10月14日(金)- 26日(水)11:00-19:00

最終日のみ18時まで

 

GALLERY SPEAK FOR ギャラリースピークフォー

150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F 

T.03-5459-6385 F.03-5459-6386

リンク☞http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=720

 


IMG_5635.JPG


友達の引越しお手伝い。

腰をやられる。


4階への階段は後々急にきます。


1回休み。


 

 


ごはん屋ヒバリの料理教室。

生春巻き、揚げ春巻きの会に続き、

今回はジンジャーシロップの会。 農家さんからヒバリに届く、
生姜を有効活用を、と始めたジンジャーシロップ。

こちらがヒバリに届く、ダンボールいっぱいの、生姜。

IMG_5623.JPG
60kgともなると、スタッフ総出でジンジャーシロップ作りになるそう。

 


生姜を煮出して出た、出し殻というか、生姜の使い道も一緒に教えてもらう。

生姜糖を作るのに、火入れしたものと、乾燥したものを食べ比べ。

 

このほかにも、ミキサーで軽くくだいてケーキに入れたり、チャイに使ったり。


インド人のジェームズさんが教えてくれたというチャイは、
牛乳とスパイスと茶葉を最初からコトコト煮出すもの。
おいしい。

 

生姜シロップをお湯で割ったものに、すだちを少ししぼると、

また風味が変わっておいしくなるのには、目から鱗でした。

お試しあれ。


////////////////////////////////////

さて。
家に帰って、もらった新生姜で作ってみる。

IMG_5636.JPG

薄い新生姜の皮は、タワシでこするとするするととれる。

タワシの入らないところは、竹串でつつくと簡単にとれる。


砂糖を振りかけ、数時間。


生姜から出てきた水分ですっかりとけたら、
煮出して、完成。


生姜をいれたまま少し長めに煮たら思ったより辛くなってしまった。

ちょうど昨日作った甘酒が甘すぎだったので

この甘酒にたらして飲むと、ちょうどいい。

 

ふむ。


シロップを煮出した後に意外とたくさん生姜がでるので、

チャイやケーキの他にこれを何使えるだろかと、考え中…。
なんでしょうね。


そうそう、そういえば最近、

”無茶々園”という愛媛の会社が気になっている。

 

柑橘のジュースやジャムがおいしいしパッケージもかわいいので、

調べていたら、そのジュースの製造過程で出る果皮を有効活用するために

化粧品にしたというのを見て、なるほどなぁ、となった。

これがまた、家族みんなで使えるというコンセプトとパッケージがかわいいなあ、

と思っていた化粧品ブランド”yaetoco”と同じところだったと知って、驚いていた。

ああ、あっちもこっちも、同じ人達が作ってているのだわと。


ちょっと、この話は長くなりそうなのでまた次に。

 

 

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo