profile

selected entries

archives


昨日からTokyo art book fairが始まりました。


FullSizeRender.jpg





9回目になるアートブックフェア、今回はところ変わって、天王洲アイルの寺田倉庫が会場。
渋谷から埼京線/りんかい線で15分。


国内外の出版社、書店、ギャラリー、アーティストなど約350組が一堂に会します。


行きたいところはひとまずここにメモしておく。
commune / ELVIS PRESS / ON READING / guse ars / Hato press / Knot gallery / MACK / MISAKO & ROSEN / NOIZ GALLERY / torch press / twelve books / UTRECHT / 安藤晶子+きくちゆみこ+三河史尭 / 東塔堂 / papersky / nos: books / DOOKS / Kentaro Okawara & OKATAOK and more...

とても楽しみ。




NOIZ GALLERYに出店する龍崎さんのサコッシュのシルクスクリーンをするのを手伝ったので、一足先にzineを見せてもらいました。




IMG_0491.JPG


ghost of the balled / Suguru Ryuzaki






と、パートナーのりえさんのzineも一足お先に。
sound of rain soaks / Rie Suzuki






NOIZ GALLERYはユトレヒトUtrechtのお隣、SECTION : A | BOOTH : A-b-25ですよ。
どうぞよろしく。

龍崎さんの犬のサコッシュ、とても良いのでお手にとってみてください。
A3サイズ。 IMG_0537.JPG

特別展には、花椿の80年。
仲條さんのトークショーなどもある。

高校生の時に花椿で仲條さんと仕事させていただいたことはいつまでたっても宝です。




体力使いそうなので気合いいれていこう。

会場ちょっと寒いそうなので、暖かくしてお出かけくださいね。ではでは。
/////////////////////////////////////////
SAVE THE DATE THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017 OCT 5 - 8
会期:2017年10月5日(木)〜10月8日(日)
会場:寺田倉庫    東京都品川区東品川2-6-10(地図)
プレビュー・オープニングレセプション 日時:2017年10月5日(木)15:00〜21:00
入場料:1,000円
会期:2017年10月6日(金)12:00〜20:00
2017年10月7日(土)12:00〜20:00
2017年10月8日(日)11:00〜19:00
入場料:無料

 

トリエ京王調布のポスターなどのメインビジュアルのお仕事をさせていただいています◯

京王線沿線のポスターや中吊り広告などに登場中。

調布に近づくにつれて、たくさんのポスターをみかけました。

とても嬉しい。

調布駅構内のホームドアには色んなパターンが◯

感謝、感謝です。

PO:嶋本麻利沙さん
STY:臼井 崇さん
HM:勇見勝彦さん

アートディレクター:市川千恵さん

デザイナー:澤田智穂さん(原宿サン・アド)

プロデューサー:鈴木久恵さん(原宿サン・アド)

イラストはSTMACHACHE.

仲良しのイラストレーター姉妹なのです。

こうして一緒に仕事ができる日がくるとは。

嬉しいです。

お買い物やレストランができるところの他に、

映画館やビックカメラがあったり。

関東で一番大きな成城石井や、

猿田彦コーヒーはオーナーの方が創業時に描いた構想の店舗が実現したのだそうです。

映画館は革張りでリクライニングの豪華シートのあるシアターだったり、

かなり大きい模様。

オープン記念に、映画がワンコインの500円で見れる企画が、気になる。

ハンズや大きな本屋さんがあるのも嬉しい。

信頼のできる整体の先生が調布にいて、

足しげく通う場所なので、

色々と街中を探索していた調布。

食べると耳が詰まっているのがポンッと抜けて世界が広がる

(花粉症で鼻や耳が調子悪かったみたいです。個人的な体験なのであしからず)

体の代謝が瞬時によくなる魔法のような薬膳のようなカレーうどんを出す喫茶店や、

野菜屋さんの奥にあるおいしい定食屋さんなど、散歩してみると穴場がいっぱい。

去年の花火大会も楽しかったな。

調布、楽しいですよ〜。

ぜひぜひ遊びに行ってみて下さい◯


こんにちは。

 


近所のお祭りに行ったら、
宮古島の大ぶりなマンゴーが売っていまして。

 

 

何個もあって食べきれないかな、と思っていたら、

試食用に凍らせて持ってきたマンゴーを食べさせてもらって、がってん。

 

そうか、切って冷凍庫にいれたら長持ちして、

しゃりしゃりする食感も楽しんじゃないか〜。


というわけで、

 

何個かはそのままおいしく食べて、

残りを四角に切って冷凍庫へ。

 

 

IMG_7816.JPG

 

 

 

IMG_7819.JPG

 

 

暑い日にこれをシャリシャリといくつかつまむ。

 

良い。


あと、バナナ!
バナナを一口サイズに切って、ジップロックに入れておいて、

バニラアイスと牛乳と凍ったバナナとでミキサーにいれてバナナシェイク。



んまい。

 


あと冷凍みかんとかね。

凍らせ果物。
夏のおやつに良いですね。


クーラーにあたりまくる夏を過ごすと、グッと秋口に体調を崩しますのでお体を大切に!

ではでは。

 

 

暑い暑い日が戻ってきました。

トロワ・シャンブルのアイスカフェオレ飲んでます。いま。

ミルクとコーヒーが分かれて入っていました。

カラカラと氷が鳴って、いっぺんに涼しくなったのでほっと一息。



おいしい。


IMG_8218.JPG


先週末は神宮の花火を屋上から観てきました。




チリチリチリ…としだれるように長いこと時間をかけていくこの花火良いですねー。


冠柳(カムロ)と言って、

白銀のが銀冠菊、金色が錦冠菊と、 名前が変わっていくらしい…。

余韻が良い。

打ち上げ花火の呼び名を調べるとおもしろい。


最後の大団円のあたりで下の方でピョーピョーと下からふきだしているあれは、虎の尾というらしい。

なるほど。


//////////////////

こんなに暑い日は体力がいっぺんに減るので、休み休み、無理なくお過ごしくださいね。


ではでは。

 

久しぶりに代々木上原で降りたので、古本屋のロスパペロテスへ。

太極拳に週3で通う母に太極拳の本と、自分には高山なおみさん著書の「フランス日記」を買う。
 

高山さんがスイセイさんや、高橋みどりさんたちと旅した日々のこと。


そういえば、私のベッドから手を伸ばせば届くところにある本棚には、

武田百合子さんの「富士日記」、
いしいしんじさんの「ごはん日記」、
そして高山なおみさんの「日々ごはん」とか、
誰かしらの日記があって、これを読むと心がすっと落ち着く。

そこにおいしそうなものが書いてあったら、なおのこと。

それでもって、つらつら読むうちに眠くなるので効果的な導眠剤なのです。

中でも高山さんの本は棚一列にズラッと連なっていて、

「チクタク食堂」、「今日もいち日、ぶじ日記」、「きえもの日記」。

 

今、見返していて気がついたけれど、

日々ごはんの特別篇の「フランス日記」がすでに本棚にささっているということに気が付く。

 

まあいいか、と。

 

ロスパペロテスの壁には、北園克衛さんの手がけた本が並んでいて、「空気の箱」もあった。

この装丁がとても好き。

 

//////////////////////////

 

夜ごはんは按田餃子。

 

IMG_7936.JPG

 

予約していたので、
奥のボックスシートみたいなところで、たっぷりといただく。

 

 

体がぬくぬくと温まる飲み物が、たくさんあって嬉しい。

 

メニューから☟

ターメリックレモネード温/内臓がすごくあたたまる(冷たいのはやりません)

包命酒/すごく助かる酒

 

など、言葉使いが愛嬌があって良い感じ。
 

試しに包命酒(ホウメイシュ)を頼んだら、大好きなものが出てきました。

 

 

IMG_7938.JPG
小さなコップと一緒に黒焼きニンニクが。それをチミチミとつまみながら。
体に良いものをお酒に漬け込んだ自家製の薬膳酒でした。
お腹、ぽっかぽか。

 

 

 

ご飯はひとまず按田的定番の水餃子。 
鶏肉に香菜、胡瓜。
豚肉に搾菜、大根。
IMG_7934.JPG

はー美味しかった。
搾菜が好み。

 

金針菜と海藻の和え物に、ラゲー煮込みに、 最後の最後に頼んだ鶏肉のココナッツ煮込みがまた美味しくって。


IMG_7935.JPG

 

 

大 満 足。

 

一人で定食でもいいし、お酒飲みながらおつまみもいいし。

 

ひとまず、週1で来たいお店です。

 

Illustration by Kumiko Emoto / Design by Moskitoo